LPO対策

LPO対策を考える

Webサイトにおいて、ユーザー(お客様)がランディング(他のページに移動)するたびに、サイトから「離脱」してしまうといわれています。
特に、ページのボリュームが多いホームページだと、読みにくい点や探している情報が見つからない点といったデメリットがたくさんあります。
目的のものに辿り着けないとユーザーはイラつきから離脱してしまいます。
情報が整理されたホームページを作成して、ユーザーの離脱をなるべく減らすことがLPO対策の役目と言ってもいいと思います。
SEO対策を考えてページのボリュームが多いホームページを作成することは大切なことですが、LPO対策では軽視されがちです。
具体的には、カテゴリー別に分けたり、カテゴリー内のページの情報もしっかりしていないと、ユーザーは探している情報を見つけにくいと思いますので、サイトから離脱してしまいます。
ユーザーのサイトの離脱を少なくするために、きちんと情報が整理されたサイト構成にするのは、とても必要なことだと思います。
例えば、スポーツ用品の情報サイトを作成する場合、カテゴリーメニューをスポーツ別に分ける必要があります(陸上関係の物や野球関係のもの、サッカー関係のものなど)。
そして、それぞれのカテゴリー内のページに関連する情報のページを作成する必要があります。
ホームページの構成における基本は、トップページ(大分類)→カテゴリーページ(中分類)→カテゴリー内ページ(小分類)に分割することです。
サイトを作るときには、事前にサイト構成をきちんと考えてからユーザービリティーの高いサイトを目標に作成しましょう。

 LPO対策を考える 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi