LPO対策

LPO対策のチェック

LPO対策をして一通りサイトが完成しましたら見直し(チェック)をしましょう。
チェックすることはいくつかありますので紹介したいと思います。
まず第一に、何を売っているサイトかが一目で分かるかどうかです。
パッと見て、そのページに辿り着いたときに何が目的のサイトなのかユーザーに一目で理解出来なくてはいけません。
言い換えれば、スクロールしなくても辿り着いた瞬間に画面に映る場所に目的が明確なキャッチコピーかなにかが載っていることが条件となるということです。
文字はテキストではなくて、画像で作られた文字の方が効果的だと思います。
なぜかというと、文字の大きさも自由に決められますし、フォントや飾りも自由に使えるからです。
次に、商品を誰に売りたいかが一目で解るかどうかです。
男女両方に売りたいのか男性だけに売りたいのか、また女性に売りたいのか、年代は何歳ぐらいの人に勧めているのかなどがわからないとユーザーもなかなか商品を手に取らないと思います。
サイトに関係のある画像を設置することでアピールすることができるので画像は大切です。
しかしサイトに関係のない画像を設置してしまうと一目でこのサイトは何を誰に売りたいかがわからなくなってしまうので関係のない画像は設置しないようにしましょう。
このようにサイトは、「誰に何を売るか」がとても重要なポイントになっていきますのでこのことを踏まえてLPO対策をしてすばらしいサイトを作り上げましょう。

 LPO対策のチェック 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi