LPO対策

LPO対策と文章

LPO対策で文章を見直すのは何回も言いましたが大切です。
文章作成をしている際に、重要なキーワードをいくつか絞り出すということをすると、その文章を短文に直すときに直しやすいです。
文章作成するときには、より絞りこんだ内容のページにしましょう。
ただ短文にしてしまうことだけをしていたら大事なキーワードを省いてしまっているかもしれません。
商品の説明がちゃんとできている文章にしましょう。
ユーザーはサイトのどのようなところを見てそのサイトを評価しているのでしょうか?
人それぞれだと思います。文章構成を見て評価する人もいれば、デザイン性を問う人もなかにはいると思います。
私は、文章よりもデザイン性を問います。
文章は正直あまり読まず流し読みをしてしまいますのでデザイン(写真は掲載されているか、色の使い方など)を重視してサイトの評価をします。
どの部分を評価するかは上記で言ったように人それぞれですが、ユーザーが共通して見るところもあります。
それは、ユーザーの「ここが知りたかった」という情報が掲載されているかどうかです。
食品を例にしてみましょう。
フルーツの盛り合わせを売りたいとしたらそのフルーツの盛り合わせの魅了を最大限に引き出すような説明が必要です。
そのなかに例えば、どこ産なのかや、具台的に何のフルーツがあるのかなどの説明がなければ当然売れません。
近年、どこ産かを気にする人が増えてきているので、そのことを掲載していなければユーザーは知りたかった情報がないと言ってきっとこの商品は買わないと思います。
なのでユーザーの「ここが知りたい」という情報をLPO対策を通してきちんと掲載する必要があります。

 LPO対策と文章 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi