LPO対策

LPO対策の実験方法

LPO対策の実験方法には、2つのタイプが存在します。
1つ目は「期限付きテスト」です。
期限付きテストは、一定期間のうちに顧客に対し複数のバリエーションのページを表示しデータを取得するという実験方法で、期間終了時には、結果に基づき最も優れているページを選択するのが一般的です。
2つ目の実験方法は「期限なしテスト」です。
期限なしテストでは、期限付きテストと逆で期間を定めず継続的にテストを行います。
その中でリアルタイムに結果の集計を行い、動的に最も優れたページに変更し続けるという実験方法です。
ABテストや多変量テスト、トータルエクスペリエンステストを使用することで、テストに基づくLPO対策を行うことができます。
これらのテストは共に期限付きテスト期限なしテストに対して適用可能です。
では、それぞれのテストのメリットとデメリットを紹介しましょう。
「ABテスト」のメリットは、無料のツールが存在するということや費用がかからないというところです。
それに対し、デメリットは逐次テストを行っている場合にキャンペーンやプレスリリースや検索トラフィックの季節性といった外的要因をコントロールをするのが困難というところです。
「多変量テスト」のメリットは、エクスペリエンスを最適化する科学的なアプローチなので信頼性があることです。
それに対し、デメリットは、多くの定量的消費者分析に見られるように、GIGO(ごみを入れればごみしか出てこない)となる危険性があることです。
「トータルエクスペリエンステスト」のメリットは、全てのウェブ上の体験を反映し最適化できるということです。

 LPO対策の実験方法 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi