LPO対策

LPO対策の7つの重要点

1、「選択肢を少なくすること」
アクションの定義を明確にして、それ以外のものは削除するということです。
目的を明確にせずにサービスを追加してしまうと、ホームページにさまざまな情報を載せてしまいます。
2、「約束を一貫して守ること」
外来からの訪問者はランディングページに辿り着く前に、何かしらの情報とイメージを抱いています。
ブランディングしているサービスや商品なら、そのブランドカラーが出ていないと意味がないですし、それだけではなくランディングと広告とで言っていることなどが違っていたりするだけでもだめです。
「ブランディング」とは、企業が顧客にとって価値のあるブランドを構築するための活動ということです。
3、「できるだけシンプルにすること」
ビジュアル(外見)は、あまりゴチャゴチャしないようにシンプルなデザインを心がけましょう。
例えば、常に同じフォントを利用することや、色の統一などです。
4、「心配事を無くすこと」
ネットで買い物をしたりするときは、顔の見えない世界でそれを行うため、オフラインよりもユーザーの心配は増加します。
心配をあまりかけないためには、保証をつけることなどを利用して、できる限りユーザーには安心してもらいましょう。
5、「親近感を持たせること」
ユーザーに、商品を利用するのは何人もいるということを感じてもらうことです。
その為には、お客様の声や有名人が利用していることなどを利用するのも手段だと思います。
6、「目的のアクションを目立たせること」
サイトの中で一番目立つようにするのが、目的のアクションをする為のフォームやボタンです。
7、「テキストはなるべく少なくすること」
ブレッドなどを利用して、なるべく端的に分かりやすい文章にしましょう。
以上、LPO対策の重要な7項目を紹介しました。
LPO対策を行うときに是非見てください。

 LPO対策の7つの重要点 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi