LPO対策

WebマーケティングのLPO対策

LPO対策を実行することによって、SEO対策やSEM対策をはじめとする広告出稿の費用対効果向上が大きく期待できるのです。
それは検索キーワードがサイト訪問者(ユーザー)の目的であり、その目的を見つけやすくかつ分かりやすく、そして共感されやすい文章で検索キーワードの種類や広告ごとにランディングページのキャッチコピーまたは、画像などを変更して最適化をしていくからです。
つまり、訪問するユーザーの目的やニーズに適したランディングページを作ることがLPO対策なのです。
実際にアルバイトをお探しになっているときの2パターン(LPOをしたときとしていないとき)を比較してみましょう。
まずは、LPO対策を実施していないときの例です。
Aさんは、検索キーワードを「アルバイト・渋谷」と入力して、Bさんは「アルバイト・短期」と入力したときの場合、1つのサイトでも訪問者の目的(検索ワード)はさまざまです。
ランディングページがユーザーの目的を満たさないサイトはいくらSEO対策などで集客を行っても成果に結びつきにくく効率的とは言えません。
しかし、LPOを実践してからの場合だと、同じ検索キーワードでも訪問者の目的(検索ワード)毎にランディングページを作ることにより、ユーザーの目的に対して使いやすく見やすいサイト、探しやすいサイトにすることができます。
もっと簡単に上記の例を表現すると、LPO実践前では、1つのサイトからいくつものページを跨ぎ目的のページに行かなくてはならないのです。
その反面、LPO対策を実施後では、カテゴリー別などにきれいに見やすく整理されているので簡単に目的のページにアクセスすることができるということです。

 WebマーケティングのLPO対策 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi