LPO対策

主なLPO対策サービス

LPO対策のサービスには6つの項目があります。
まず最初に、「ターゲットキーワードの抽出」です。
「ビックキーワード」という重要なキーワードから、「ロングテール」という複合キーワードや地域キーワードまでのキーワードをリストアップすることです。
キーワードの検索数や競合数など分析と有効度調査を行なって、ターゲットキーワードと照らし合わせ、最大限のアクセスアップを計画します。
その次に、「キーワードに適したページ作成」です。
検索キーワードと検索結果が一致しなければ多くのアクセスは望めないと思います。
検索キーワードを入力するユーザーの心理をよく読み取り、ユーザーが求める商品やサービス、または情報を提供できるページを製作しなくてはなりません。
次に、「ページ内コンテンツの充実」です。
ページにアクセスしても陳腐なコンテンツでは、ユーザーはすぐに他のサイトに離脱してしまいます。
求める情報がどこに記載されているのかわからないページではユーザーがストレスを感じ、他のサイトへ移ってしまいます。
ユーザビリティを第一に考えて、わかりやすく、充実したコンテンツが必要になります。
次に、「タグや広告タイトルなどの作成」です。
検索結果に表示されるタイトルのことで、アクセス数は変わっていきます。
効果的なタイトルや文章からユーザーの興味を引いてアクセスアップに繋げることが大切です。
その次に「アクセスログ解析の検証」です。
アクセスログ解析から読み取れる訪問数や直帰率・離脱率・滞在時間や閲覧ページなど、サイト内の動向を調査することで、ユーザーのニーズや心理を数字から読み取ることができます。
最後に「サイト内部の改善とタイトル修正」です。
ユーザーのサイトからの離脱を減らすことがLPO対策の目的です。

 主なLPO対策サービス 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi