LPO対策

LPO対策で改善しましょう

LPO対策として大切なことは、サイトのおすすめ商品の絞込みと商品付加価値をつけることだと思います。
具体的な方法の例として、ネットスーパーなどのチラシから学びましょう。
スーパーなどでは「○○限定」や「○個割引」など、お買い得感をユーザーが味わえるような企画をチラシから見つけることができます。
福引券などのプレゼントや会員制導入によるポイントの付与なども、リピーターを確保するためにはとても有効な手段だと思います。
このような上記のサービス企画は、ランディングページにも応用することが可能です。
また、商品の購入はインターネットで行いますが、商品の発送は宅配業者に任せます。
商品と一緒にチラシなどを同封して、お買い得感をアピールすることも大切だと思います。
LPO対策のみではなく、キーワード広告の広告表現にもこれは言えることですが、大半のネットユーザーは文章を読まずに見ています。
見るというのは、流し読み程度だと考えてください。
ですので、LPO対策は外見的に内容が理解できるようなものにすることが重要だと思います。
つまり、見出しの見せ方などを工夫し、本文内でも色や文字の太さを上手に利用して、理解できるようにすること。
ジャンルを問わずに、クリエィティブの現場では、「5歳の子供にも分かるように」と言われると思います。
LPO対策についてもこれは大切なことです。
ランディングページの制作の際には、そのくらい分かりやすく、そして見やすくしましょう。

 LPO対策で改善しましょう 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi