LPO対策

LPO対策の直帰率

直帰率を下げたいと思っている方を対象にしてこの記事を書きたいと思っています。
参考になれば嬉しいです。
LPO対策をやっているのになかなか売上が伸びないと悩む方も多いかと思います。
なぜアクセス数や売上が伸びないのでしょうか?
少しでも直帰率を下げたいと悩む方に一つアドバイスさせていただきます。
それは、「直帰率を上げる方法の逆の方法をやること」です。
どういうことかと言いますと、直帰率を上げることは簡単です。
ユーザーの目的のものが見つかりにくい、そもそもサイトが見にくい、文字が羅列しているなどが原因でユーザーは他のサイトに移動(直帰)してしまいます。
ということは、この上記のことと逆のことをすれば直帰率は下がると思われます。
具体的には、文字はなるべく少なく、そして見やすく、起承転結に書くことや、目的のページに移動するページ数を減らすこと、色などを使いサイトを明るく、そして見やすくすることが挙げられます。
最近では、有名ファーストフードチェーン店のマクドナルドもLPO対策を導入したそうです。
導入前のマクドナルドのサイトでは、Webサイトのページビューがあまり伸びないことや、アクセス解析を行うと、せっかくサイトに来てくれたユーザーの多数が、ページを開いてはすぐに帰ってしまっていることが悩みだそうでした。
そこで、「直帰率」や「離脱率」などの問題解決や、サイト内の滞在時間を伸ばす方法としてマクドナルドが注目したのがLPO対策です。
LPO対策をすることで、マクドナルドは「簡単に利用でき、なおかつストレスを極力感じさせないようなサイトを目指した」ということです。

 LPO対策の直帰率 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi