LPO対策

LPO対策とコンバージョン率

LPO対策でウェブサイト・オプティマイザーを利用しコンバージョン率を上げましょう。
まず、コンバージョン率とは一体なんなのかをご紹介いたします。
コンバージョン率とは、ウェブサイトの閲覧者(ユーザー)の中で、あなたの望むページまで進んでくれる人がはたして何人いるかを、割合にして表してくれるものです。
コンバージョンレートとも呼ばれ、日本語で「成約率」とも呼ばれますが、Googleに習って、「コンバージョン率」と呼ぶのが一般的だと思います。
コンバージョン率は、あなたが望むページに到達した人数とサイトの閲覧者の人数とを割って計算して、その計算したものがコンバージョン率となります。
次に、ウェブサイト・オプティマイザーとはなんなのかを紹介したいと思います。
これはGoogleの無料ツールで、これを使用してウェブサイトの売上げを上げる方法を導き出します。
基本的な例として、サイトの見出しを考えている際に2つのパターンの見出しが思いついたとします。
どちらの見出しがユーザーにとっていいのかを調べる際にウェブサイト・オプティマイザーを使用して、その2つの見出しのどちらが良いアイデアかテストを行うのです。
最終的には、どちらから何件のオーダーがあったか、具体的な数字でオプティマイザーが教えてくれます。
ウェブサイト・オプティマイザーのメリットは、一箇所だけでなく様々な部分を、一度にテストすることができる点です。
以上、LPO対策とコンバージョン率の基本的な紹介をしました。

 LPO対策とコンバージョン率 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi