LPO対策

LPO対策でサイトを見直そう

LPO対策を行うにあたって、サイトの見直しを行う人も少なくないと思います。
特に、文章構成やページのレイアウトなどを見直すだけでもずいぶんと違うかと思います。
レイアウトですが、ユーザーはサイトを訪れたとき主にサイトのどこを見るのかに注目しましょう。
一般的には左上、そしてヘッドラインなどに目が向くと思われますので、そこに自分が伝えたい言葉をなるべく短文にして書き出しましょう。
次に、混乱を取り除きましょう。
ここでの混乱とはユーザーが「これは何の意味があるの?」や「この画像は何?」などのことで無意味な画像やなんとなくきれいだから載せている画像は、ユーザーにとってただ混乱を招くことになりかねないので、本当にそこに必要なものなのか、今一度考えてみましょう。
次に、大事な項目など、これは見てほしいなどのことがあれば、スクロールせずにユーザーが読めるようにしましょう。
多くのサイトに注意事項がありますが、サイトにより一番上にあったり、一番下に注意事項の項目を設置したりします。
注意事項は大切なこと、ユーザーに読んでほしいところなので一番上、スクロールせずに見れる位置に設置するのが正解だと思われます。
一番下に設置してしまうと、ユーザーは基本一番下までスクロールはしないので読まないで次のページに移動してしまう可能性が高いです。
LPO対策でサイトの項目などレイアウトを見直す場合は上記のことを踏まえて見直しましょう。

 LPO対策でサイトを見直そう 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi