LPO対策

LPO対策とユーザー

LPO対策で重要なのは、アクセスしてきたユーザーを効率的に、そして自発的に問い合わせや商品を購入させるために導線を作ってあげることです。
サイトにアクセスしてきたときがユーザーにとって大事なファーストコンタクトとなります。
そこでサイトに関心を抱いてもらえるかどうかは、サイトの構成上でまず重要視するべきポイントだと思います。
それは、いわゆる「つかみ」を成功させるためには、サイトにアクセスする人はどういう意図で、何を求めてサイトに訪れたのかを的確に把握することが重要になり、それに応えるサイト作りが必要だと思います。
ユーザーがサイトで迷わないように、分かりやすい導線をつくることが大切です。
他のサイトや検索エンジンの紹介などで自分のサイトにアクセスしてきたユーザーは明確な目的を持っていると思われます。
「この商品について知りたい」または「商品を購入したい」などが目的な場合が多いです。
そのようなユーザーは一方でそれがすぐに分からないようなところにあるだとか、ページ数が多くなかなか目的のページに辿り着けないとすぐにサイトから離れてしまいます。
そのようなユーザーの行動を前提にして、問い合わせや購入に繋げる「導線」は分かりやすくするべきだと思っています。
ユーザーインターフェースというカテゴリーで括るだけではなくて、こちらの目的に対してユーザーを誘導するということを含めた「導線」があるかどうかは商品の売上に大きく影響していくと思うのでLPO対策では導線づくりがとても大切です。

 LPO対策とユーザー 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi