LPO対策

LPO対策のテスト内容

前回では、LPO対策のテスト方法として、「ABテスト」「多変量テスト」「トータルエクスペリエンステスト」の3つのテストを紹介し、その3つのメリットとデメリットを紹介していきました。
ここではその3つのテストがどのようなテストなのかを紹介していきたいと思います。
まず「ABテスト」とは、2つのタイプのページ(AとB)をテストするのに利用される方法です。
ABテストの目的はホームページやFAQ、製品ページなどのサイト上に存在するページに対し、複数のタイプのページを用意してテストを行って、より効果の高かったページを決定することです。
このテストは逐次的、または並行して行われます。
逐次テストは、複数のタイプのWebページが一定期間毎にオンラインで表示されてテストされます。
並行テストは、トラフィックが2つに分裂されます。
複数のタイプが同時期に表示され、テスト結果は時期により異なり、変化することが多く起こります。
次に「多変量テスト」は、ページ上のテキストや画像などの複数の要素のタイプを変更しテストを行います。
最後に「トータルエクスペリエンステスト」です。
このテストは、現在発展中のランディングページ最適化の新方法だそうです。
システムによりWebサイト全体の訪問者の動きを解析しエクスペリエンスを最適化する方法です。
従来のランディングページ最適化と大きく異なり、トータルエクスペリエンステストではページ間を跨ぐエクスペリエンスを複数個用意してテストを行うそうです。
以上、LPO対策のテスト内容をご紹介しました。

 LPO対策のテスト内容 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi