LPO対策

LPO対策の進め方

質の良いアクセスを集めるキーワードに対し、リスティング広告に出稿すれば必ずしも成功するとは限りません。
せっかく経費を掛けてリスティング広告を出稿し良いアクセスが収集できたとしても、ランディングページの方に問題があればコンバージョン率をアップさせるどころか、すぐに逃げられてしまうのです。
そこで、LPO対策が必須になっていくことになります。
LPO対策に必要なものは「アクセス解析」です。
アクセス解析をホームページに設置して、データの検証を行う必要があります。
LPO対策の一般的な手順は「データ検証」→「仮説」→「改善」→「データ検証」→「仮説」→「改善」となり、この繰り返しを行います。
ネットショッピングを例にLPO対策を簡単に説明しましょう。
ホームページのアクセス数は増えたが、注文する人は相変わらずいなかったり、アクセスする人は増えたがそのサイトに滞在する時間が短いなどのように、ホームページにもっとアクセスする人を増やすにはどうしたらよいかや、購入者を増やしたいなどの場合にLPO対策が存在します。
LPO対策を行うことで検索ワードをホームページと関連させてアクセスしやすいように行ったり、外装を変えてアクセス数を伸ばすことが可能になります。
具体的にどのようにしてアクセス数を伸ばすかというと、例えば上記のネットショッピングを例にするとすれば、キャッチコピーの見直しや構成要素の見直し、ユーザーシナリオ作成を行ったり、リスティングキーワードの設計などです。

 LPO対策の進め方 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi